bandicam 2016-08-15 23-04-26-917

 
私は生まれながらクセ毛&チリチリ毛質で、サラサラのストレートが憧れで以前からヘアアイロンを使用していますが、思うようにサラサラの髪の毛になるところか、逆に髪の毛がチリチリに痛んで、しかもクセっ毛がひどく感じている気がします、原因はなんでしょうか?ヘアアイロンは髪の毛のクセ毛に聞くと聞いて使用してますが、逆効果の気がします。 ヘアアイロンは仕様しないほうがいいでしょうか?

 

ヘアアイロンを間違った方法で使うと毛先がチリチリになっちゃいます

まあ、女性の多数がサラサラの髪の毛にあこがれてますよね、へアイロンがクセ毛やチリチリの髪の毛の修復によいと聞き、あなたと同じ考えで使用する女性は多くいらっしゃいます。でも使い方によっては髪にダメージを与えてしまう為逆効果になることも事実です。また、一度痛んだ髪の毛はサラサラに戻すことは不可能です。

bandicam 2016-08-15 23-08-22-201

ダメージを出来るだけ最小限に抑えてきちんと正しい方法でヘアアイロンを使用することから考えましょう。

チリチリクセ毛にヘアアイロンが良い!と聞いて購入して失敗する前にかならず読んでおいたほうがいいでしょう。まず、なんでヘアアイロンを使用すると毛先が傷んでチリチリになってしまうのかなんですが、それは、ヘアアイロンの温度を上げすぎだからが、原因のひとつです。

ネットの情報には200度の温度で髪の毛がサラサラになるよという変な情報がありますが、常識的に考えてみるとそれって髪の毛を揚げるようなもの。

bandicam 2016-08-15 23-09-16-481
 

つまりカラカラにしてしまうのでサラサラどころか、カラカラに揚げた天ぷらのようなものになっちゃうんですよ。 高温でヘアアイロンをすれば髪の毛はサラサラになるという間違った考えは今すぐ捨ててください。

bandicam 2016-08-15 23-10-17-876

髪の毛はたんぱく質でできているため、熱には非常に弱いです。髪の毛の表面を覆っている「キューティカル」を溶かすことで、髪のバリヤーがなくなり、髪の中の水分が蒸発してしまうことで、栄養の無いバサバサとした痛んだ髪の毛になっちゃいます。

 

ヘアアイロンの正しい使い方、ヘアアイロンを使用する前に必ず確認を!

1、ヘアアイロンは必ず乾いた髪に使用すること、
髪の毛に水分が残ってる状態でヘアアイロンを使用してしまうと、髪の残ってる水分が蒸発してしまい髪の毛にある本来の水分まで一緒に飛ばしてしまうので、痛みの原因を作ってしみます。ヘアアイロンを使用する前にしっかり髪の毛を乾かしてから使用することをお勧めします。

2、温度は200度ではなく、80度以下の温度設定で、使用すること。温度が高すぎると先ほど説明したとおり、カラカラチリチリの髪の毛を作ってしまいます。ヘアアイロンを使用する前にはヘアオイルなどの保湿剤を事前に使用することもお勧めします。

ヘアアイロンの適温
ヘアアイロンは低温になればなるほど髪へのダメージが減りますが、低すぎると形が決まらないのが難点。

ストレートアイロンの適温は170度以下、一箇所にあてる時間は2~3秒が理想
カールアイロンの適温は140度以下、一箇所にあてる時間は5秒前後が理想

3、 何度も使用はしないこと、ヘアアイロンは最低でも週に1回程度にすること。使用しすぎると髪の毛に負担をかけます。適正温度だから毎日でもいいんじゃない?と勘違いしてはいけませんよ。ヘアアイロンを使用する事態本来髪の毛に負担をかけている事実を認識しておいてください。

 

ヘアアイロンで毛先がチリチリになっちゃったら・・

一度チリチリになってしまった毛先の完全修復はできません。ヘアアイロンで多少は直せますが、あくまで応急処置にしかすぎません。最寄の美容室でカットしてもらいましょう・・
ヘアアイロンによる髪の毛の痛めを最小限に抑える為にも、使用後はできるだけケア(保湿剤)やオイルを使用して髪の毛の保護に気をつけてください。